ホーム → ギャラリー「スケール」 → 横浜市営バス
クリックで画像
が表示されます


横浜市営バス
・神奈川県 H.Y 様 ご依頼品
・青島文化教材 1/32 Scale プラモデル

 

市民の足として全国各地で活躍する存在、バス。それぞれの交通会社が運行しているバスは、バスそのものの魅力はもちろんの事そのカラーリングと合わせて地域に根ざす風景の一環としても愛されています。
今回製作したのは。横浜市営バスです。ブルーとクリームのツートンカラーは長い間親しまれており、車種が変わっても一目で横浜市営バスと分かる存在です。今回は細部にわたりお客様のご希望に合わせた仕様のモデルをご紹介致します!

基本的に説明書に従って組立てる、いわゆるストレート仕上げです。しかしキットと実車ではクーラーが付く位置が異なりますので、この点は実車に合わせて設置箇所をずらしてとりつけました。また丸い通風器もより実車に近いパーツを他のキットから取りました。

バスは同じ会社の同じ車種であっても、運行区間や運行時期によってカラーリングに差が生じる場合があります。この横浜市営バスも同仕様でも他の区画のバスと比べるとわずかな差異があり、お客様からご提供頂いた資料に合わせて彩色致しました。
ボディは弊社お得意のウレタンコートを施していますが、バスともなると吹き付ける面積が広く、研ぎ出しも一般乗用車と比べると必然的に範囲が広がる為、非常に大変な作業となります。また、ドアや窓の位置によっては強度が弱い箇所もあるため、ある程度仕上げるまではドアの間に入るランナーをあえて残して強度が保てる様に製作しましょう。
内部の塗り分けも外装同様に仕様にばらつきが生じやすい部分です。シートのカラーはもちろん、運転席のダッシュボード辺りも製造時期によって色味が異なる事がありますので、よく調べた上で塗装しましょう。
行き先表示や方向幕は、お客様のご要望に合わせてデカールを新規に作成し取付けています。ここが実車通り仮想でないかで、再現度が大きく変わってきますので、是非変えたい所ですね!

完成したバスは、今にも走り出しそうな美しい完成品に仕上がりました!