クリックで画像
が表示されます
   ↓

「ファイブスター物語」より
カーディナルバング(バンドール)
静岡県 T.K 様 ご依頼品
WAVE  1/144 Scale レジンキット

今回ご紹介致しますのはファイブスター物語に登場するモーターヘッドの中で弊社にご依頼を頂く件数の多い機体バンドールです。

写真を見られた方は、あれ?バンドールって水色というか紫というか…
赤じゃないよね?って思いましたか?

今回製作したのは通常の機体では無く、法国神官長ノンナ・ストラウスが使用するカーディナルバングなのです。
機体の外見が赤い以外はルーン騎士団の使用する物と同じなのですが…

紅冠鳥の名を冠する特別なバンドールを見ていきましょう!

パーツの下地処理は特筆すべき点はありませんので、地道にパーティングラインを処理して欠けのある箇所は修正していきましょう。

塗装後に機体各所に文字が入ります。
スミ入れが綺麗に入る様に下地処理の段階でスミ入れ箇所を考慮して筋彫りをし直すと最後のスミ入れが綺麗になります。
肩アーマーの周囲の文字の箇所にゲートがありましたので、ここは資料等とにらめっこしながら地道に文字を再現していきます。

下地処理が完了したらいよいよ塗装です。
レジンキットには専用のサーフェイサーを使用しますが、何分モールドが繊細なのでサフでモールドが埋まらない様に注意しましょう。
隠蔽力を考慮して白から塗装していきます。
全体がほぼ赤になるので白い箇所から赤になる箇所まで全て下地色として白を塗装します。
白い箇所はお客様のご希望でホワイトパールでコートしました。
白が乾いたら赤の塗装です。複雑なマスキングが必要になりますので根気との勝負です。資料を見ながら塗り分け箇所を間違えない様に注意しましょう。
マスキングが終わったらいよいよメインの赤の塗装です。
実はこの赤は、製作前にお客様に工房までご足労を願ってその場で調色してお打合せをさせて頂いておりました。
こうする事でよりお客様のイメージに近い色味で製作出来る様になりますね。
赤の塗装が終わったら、全体をパールカラーのルビーレッドでコートしました。暗い所は赤く光の反射している箇所はピンクがかった色味に変化します。
特別な機体にふさわしい色味が再現できたかと思います。

赤が乾燥したら最後はMHの塗装の最難所とも言える裏側の装甲の塗装です。
ほぼ全ての外装パーツの裏側をマスキングして塗装しないといけませんのでその作業量たるや…マスキングだけでも相当な時間がかかります。
隠蔽力の関係で吹き漏らしが許されない箇所でもありますので、ここ一番の集中力でもって臨みましょう!
裏側の塗装の次はスミ入れです。
装甲の要所や全身のモールドにスミを流す事により立体感が増します。
ここで下地段階での彫り直しが効いてきます。
ほぼスーッと流れてくれましたが、それでも若干埋まってしまった箇所もありましたのでそういった場所は筆で細く書き足して対応します。

パーツを組立てて金属スプリングを取付けて完成です。
ポーズこそよく見るバンドールのソレですが、全身パールの煌めきに包まれた赤のバンドール。
紅冠鳥の名に恥じない特別な機体になりました。

弊社では実際に工房にお越し頂いてお打合せをさせて頂く事も出来ます。
電話やメールでは汲み取れない細かいニュアンスも実際にお会いすれば作品に反映出来ます。
世界にひとつの自分だけの一品をご希望のお客様は是非ご連絡下さいます様お願い致します。