ホーム → ギャラリー「鉄道」 → JR九州 885系かもめ
クリックで画像
が表示されます
   ↓

JR九州 885系かもめ
・カツミ 様 ご依頼品
・カツミ  1/87 Scale (HO) 完成品フルリペイント


JR九州より885系かもめフルリペイントとご紹介です。
カツミ様より発売の885系かもめを初期カラーの黄帯から現在の青帯への変更です。

鹿児島本線と長崎本線を経由し福岡と長崎を結ぶ特急列車、JR九州885系“かもめ”ですが、2000年から営業を始めたかもめですが、2010年に2次車同様ソニックと同じ青帯に変更となりました。
今回はその1次車の青帯仕様にリペイントとなります。

色が変更されただけでなく、KAMOMEのエンブレムが撤去されたり、車体に多く入る「AROUND THE KYUSHU」のロゴの位置や大きさが変更となっております。小さい文字の変更の細かい変更もあり調べる所が一番苦労しました。

フルリペイントということで、一度台車、屋根、窓等外せそうな部分は全て外し車体だけにしてシンナーで色落としから作業は始まります。
塗装はシンプルながら真っ白の車体に青や黒の塗装はごまかしが全く効かず非常にシビアな塗り分けになります。特に青のラインは幅が1mmもない細い線を均一な線で塗装しなければなりません。
車体に貼ってあるマークはもちろん市販されている事は無く実際の写真を確認しながら自社でデータを作成しデカールを作って貼り込んでいます。
塗装、デカール貼りが終わったら、最後はウレタンクリアでコートしています。

885系の先頭車の曲面や面の広い純白の車体にウレタンコートによる特急車らしい光沢仕上げが非常にマッチした作品となりました。